「歩育」のための「ダッコリーノ」楽天ショップ3年連続受賞!

「一瞬で抱っこ紐」で有名な「ダッコリーノ(daccolino)」が、イクメンパパに大変な人気です。

購入者のパパの声でも、「なにより子ども自身が楽しそう!」「足をバタつかせながら喜んでいました。」と、わが子が喜こんでいることに大満足の感想がたくさん寄せられています。

もしかしたら、ご存知のイクメンパパも多いかと思いますが、この「ダッコリーノ(daccolino)」はテレビ番組「ワールドビジネスサテライト」の2012年度トレたま年間大賞を受賞したアイディアグッズなんです。

そのトレたまを観たパパたちの共感を得て、次は、楽天ショップ・オブ・ジ・エリアを3年連続受賞してしまったんです。

ご存知でしたか?「歩育」という新しい子育ての考え方を・・・

子どもが楽しんで「歩く」には「親への信頼」がとても重要なんです。子どもは、疲れた時や心細くなった時、ちょっとでいいからパパに抱っこしてもらいたいんです。

すると、子どもの心に「パパへの信頼」と「更なる意欲」は生まれて、また「歩く」ことを楽しむことが出来るんです。

「ダッコリーノ(daccolino)」が使える対象年齢は「2歳~4歳ごろ」になります。体重の目安は「20kg」までとなっています。また、左右どちらの方でも対応が可能になっています。

ダッコリーノの使い方は簡単で、約1分半で装着が完了します。慣れるともっと早くできちゃいます。それから、ダッコリーノはユニセックスだからママだって使えます

興味のあるイクメンパパは、チェックしてみてはいかがでしょうか。

なお、楽天市場でお買い物をするときは、楽天カードを持っていると、お得です。




このページでは、「歩育」という新しい子育ての考え方で生まれたダッコリーノ(daccolino)についての情報を掲載しています。他にも、amazon、楽天、評判、ブログ、類似、価格、オークション、販売店、高い、体重、カワキタ、口コミ、中古、店舗、取扱店、販売、ママ、ヤフオク、評価、レビュー、使い方、歩育、歩育 効果の情報などを掲載予定です。

赤ちゃんの肌がザラザラに!そんな時の保湿剤の使い方は?

001-02-02.jpg

赤ちゃんのザラザラした肌は心配ですよね!そんなザラザラしてしまっている肌をケアする方法はあるのでしょうか?

赤ちゃんの肌がザラザラしている原因として真っ先に考えられるのが、乾燥による症状になりますね。

このザラザラ肌なんですが、この先、ぶつぶつと湿疹が出てしまい、痒くで赤ちゃん自身が自分で引っかいて傷を作ってしまうことも考えられます。それだけ、肌が弱っているということでもあるんです。

そこで、赤ちゃんのザラザラ肌のケアに大切なのが「保湿」になります。保湿剤を使えば、お家でも簡単に出来ることなのですぐにやってあげましょう。

良く保湿剤は沐浴した後だけというママもあるのですが、赤ちゃんの肌を触ってみて乾燥していると感じたときや汗をかいて拭いてあげたときなど、保湿剤をサッと塗ってあげると水分が維持できていいですね。

その時、注意してほしいことがあります。保湿剤をしっかり肌に馴染ませようとゴシゴシ塗りこむようなことはしないで下さいね。赤ちゃんの肌はとてもデリケートなのでゴシゴシやるとダメージが強すぎます。

保湿剤を塗るときは、なでるように上から下へ塗ってあげるイメージです。

それから、保湿剤は赤ちゃん用の保湿剤を選んで下さい。大人用のものは余計な成分が入っていますので良くありません。また、値段が高ければいいものだということもないんです。

赤ちゃん用の保湿剤を選ぶポイントとしては、赤ちゃんの肌に優しいものでセラミドが配合しているものがいいですね。

赤ちゃんのイビキが気になる!耳鼻科?総合病院?産院?どこに行けばいい?

002-01-03.jpg

この赤ちゃんのイビキなのですが、生まれてすぐの時からイビキをかいているような赤ちゃんもいたりするんです。生まれてすぐということもあり、入院中に聞いてみても鼻づまりでイビキのように聞こえるだけですよと済まされてしまうこともよくあるんです。

でも、生後4ヶ月を過ぎても、イビキをかいている様子が変わらないとなると不安になってきますね。もしかしたら、何かの感染症にかかってるのでは?とさらに不安になってしまったりします。

この赤ちゃんのイビキは、もともと赤ちゃんは気道に狭いところがあって呼吸する時に音が鳴ってしまう場合もあるんです。基本的には、成長していく過程で治まってしまうことがほとんどだそうです。

ただどうしても不安で一度診てもらいたいときには、耳鼻科、総合病院、産院のどこに相談したらいいのでしょうか?

結論から言うと、生後4ヶ月ということもあり、生後4ヶ月検診で相談してみるという考えはありですね。もしも、赤ちゃんが苦しそうなら、産院の小児科がいいかもしれません。

イクメンパパも、赤ちゃんを寝かしつける時など、ちょっと呼吸をチェックしてみて下さい。何やら、オジサンみたいにイビキの様な音が聞こえたら、しばらく様子を見ていつも苦しそうなら、次の検診か産院の小児科に相談してみましょう。